2016-12-07

失敗しないレースのお洗濯

カーテンを変えたいということで
お問い合わせいただいた御宅に伺うと
レースが破けてしまって、、
なんていうのは珍しくありません。

日差し

埃+日差しで
繊維はストレスを耐え抜いたものの
高速回転に耐えきれずボロッと破けます。

レースは上部寄せてもキレイなうちに
埃を洗い流すイメージで
水にくぐらす程度の優しい洗い方が最適です。

脱水に洗濯機を使う際は
回転パワーは強いので
せいぜい
手動で高速5秒でストップします。

(洗いから脱水まで洗濯機にお任せするとかなり傷みます。)

ドライモードでも
すすぎ&脱水は容赦ない回転ですもんね。

しっくり感

それから手洗いの場合
水で洗えばすすぎも水で、、
ぬるま湯で洗えば
すすぎもぬるま湯で、、

水温が一定でない場合、

ポリエステルでも
かなり縮んでしまいます。

それから
汚れてしまった繊維を洗う場合、、
特にポリエステルは
一旦離した汚れの中で
洗い回転が繰り返されると
再びキャッチする性質があり
そうなると
2度と汚れを離さない特性がありますから、

はじめに汚れを離してくれた水は
手早く
ザザーと捨ててください。


ザザーッ


美しい繊維を美しく保つための実践手順です。ぜひお役立てください。



埃がなくなると室内は軽くなり、
住む人の心も軽くなるものです。


大掃除の後の爽快感は格別ですよね。


家も自分の分身ですので

愛しみ
声をかけ
世話を惜しまず
労いましょう。





 

 

line
Category blogULTIMA NOTEその他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>