2015-11-09

勇気で前進!

さて、週末
ご新築マンションへ引っ越してから1年半ほどの
お宅に伺ってきました。

??一見、どこがお悩み?
と思うほど
スッキリと美しい
まだまだフレッシュな空気満タンなリビング。

トキメキ不足?

お話を伺っていくと
そのスッキリさが
無機質だと、、仰います。
味気ないそうです。

感じ続ける思いを見逃さず、
早い段階でサポートを得るとは、、
なんて素晴らしい!


棚下やカウンター下に
スペースがあるので
収納スペースを設けたいとも思ったり、、(実際は必要なさそうです)

玄関やリビングの見せ場ポイントを
ステキに演出したい、、など 
(今回はUS在住のアーティストによる水彩アートに惹かれ、輸入して額装します)


輸入アート提案
(羽が描かれたアートの側には、さりげなく2羽の小鳥がいたりします^^)

逸品テーブル
今回のお問い合わせには
大きな買い物や
工事もないので勇気がいったそうです。

ありがとうございます^^

その勇気を応援して、(奥様スリッパも提案^^)

愛用してください

改善したいことを
整理してお話させてもらって
優先したいことから
ご要望の予算に沿って進めることにしました。(魅力あるアイテム加えます↓)

シャビークッション

ご期待ください^^

リビング演出イメージ

ちょうどクリスマス前あたりに
気分上昇予定です^^


エントランス演出


整理収納講座にも通って、
本もたくさん読んで、、
片付け行動が続かなかった経緯も伺いました。

片付け、
健康、ダイエット、
英語学習、、
例年、
おなじみテーマの
書籍は数え切れないほど
ある中、
手に取った
その時の表現の魅力に
頷いて終わり!?
私も時々あります^^;

何故?
行動への分かれ道が
あるんでしょう?

人には
意識の層があって
中心なる思いと意識上での希望が
ピッタリかみ合うことが
肝心ですが、
多くの方は
意識上の判別で納得できた~と
スタートします。

スタートできても
晴れやかな気分とはいかなかったり
他のことを優先して
月日が経ってしまったり、、

このパターンで
ダメだ~私って、、
と思ってしまえば
苦手意識の貯金が
増えるだけですから要注意ですよ。

私には合わないんだわと
数年おきに
人気書籍や方法に手が伸びますが
目的ゴールまでは
なかなか、、手強いです。(smaikuコースで安心サポート!)


smaikuサービス

環境の景色は、とにかく正直です^^(=自分)

貴重な気づきを贈るために
愛用品たちが
待っています。

納得の美しい環境には
自信と時間が用意されています。

自分にとっての一番は何で、
やらないことは何か?

何を選び
何を選ばないでおくか、、?

慣れ親しんだ言葉の癖を変え、
新しい習慣と
惑わないルールが築ければ
ゴールまで
エコ仕様。

先送りや
避けようとしていることがあれば
適切な扱いが必要です。

知識を得ても
理想の行動が続かない時は
堂々巡りのテーマになりがち、、

つい後回しにしがちな
「じぶん」を
はっきり視野に入れて、
優先して大事にしていくこと。

重くて鈍いハンドルに
パワーステアリング装備が
つくようなものです。

アクセル踏めば
方向転換も軽快に
理想の目的地に着けます。

変わり映えなき道も
克服できる気がしませんか?^^

 

勇気で前進! への3件のコメント

  1. ピンバック: 彩りとゆとり |

  2. 申 正子 より:

    再度、始めまして。先日、中目黒のミロで(お仕事場のマンションの向かいの喫茶店)その時に初めてお話をさせて頂いた者です。
    いただいたご名刺からブログを開いてみました。
    沢山の参考になるレイアウト、はもちろんの事、自分らしさに妥協をしてしまわないことがとても大切なんだなと、今更ながら思い至りました。色々と学ぶ事が多く、これからもブログを拝読させて頂きたく宜しくお願い致します。

    • shiotsuki より:

      早速ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。思いがけない午後のひととき、、お話弾み楽しゅうございました。お部屋は自分の分身!どうぞ整う暮らしへのプロセスを愉しまれてください。ブログ更新も今までより投稿頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>