2018-04-05

結婚支度のご新居コーディネート!長崎マンション事例

祝April

いよいよ4月
おめでたい春!

昨年の夏に
インテリアコーディネートのご依頼いただいたS様が
今月いよいよ挙式月なのです。

まずは
この場もかりて、心よりお祝い申し上げます。

お仕事に尽くすおふたりを
毎日癒し整えるリトリートマンション、、
その事例をご紹介させていただきます。


まずは図面
ご新居も拠点も「長崎市」中心部のS様は、
以前承った佐世保&長崎での仕事で
とても喜んでいただいたA様からのご紹介です。

S様からのお問い合わせをHPからも拝読し
まずは間取りとお部屋写真のメール送付をしていただきました。

笑顔で乾杯しているおふたりの写真も
プランへのイメージ作りと、より良いアイデア&選別に大いに役立ちました。
思うものが言わずとも届く!? 以心伝心!通じてましたよね(笑)


リビング
実測
不動産会社の簡易図面、、部屋ごとでは不一致なことも少なくないため
主要な場所の実測をお願いしました。

すると
スケールの目盛りまで
写真におさめたものを頂戴したので
お互い良しなアイデアだなあと
何気ない時短な発想、さすがと感心したものです^^


レイアウト案
ご要望も寸法情報も揃い
レイアウト計画をねり
コーディネート案の詳細説明とサンプル品での色確認に隣県「長崎」へ向かいました。


サンプル
スムーズにプラン内容に共感いただき(ここも時短!)
皆様お揃いでの会食を楽しみ^^

戻って諸々の手配を進めました。


いよいよな納品当日は
お仕事先へ鍵をお預かりに伺い、
順次届く家具類の確認にオーナー様の代役も兼ね、工程支障なきよう立会いします。


納品

イメージをスケッチするとこんな感じ、、


イメージ
新家庭のコンセプトは「円満」
リビングの中に
大小の「まる」を配置します。


まるを中心に

我が家でリゾート&リトリート!
お仕事から帰って
ホッと寛げるゆったりソファと
バルコニーにも出せる「円満」アウトドアファニチャーを採用。



アフター
ダイニングチェアも○
貼り地は調和できる色からお好みを選びます。

チェアも


さて、キッチンキャビネットの搬入です。
プロの手際を間近でしっかりチェック!

キッチン搬入
キレイにおさまりました。
ダストボックスも予定通り到着&組み立て。


アフター
前扉が上から下がるタイプで
スッキリ隠すことも可能です。

隠せる

続いて書斎。
本を入れる収納ラックと
デスクとハンガーパイプを置くことに決定。
窓下に収まるサイズを選び、カーテンの丈も調整します。



書斎

各種書類も行き先バッチリ。
キャスターなので床保護にシンプルなマットを敷きこみます。


アフター

裏返せばアクセサリー揃うミラー付きハンガー。
衣類量を確認し、あれば役立つアイテムを先立って提案。
後に増やしがちなものも、もれなく準備して置くことで
気持ちの良いスペースが
あと崩れしないこと目的です。



洋服掛け

クローゼットや押入内の引き出しケースも必需品。
開け閉め安定してご使用できる商品を採用することが
日々の快適&幸せに結びつくので名脇役の提案も外せない。



届く届く
立会いの合間に
開封設置します。


設置


寝室のレースはフロント。
素材表情ある眩しくないカラーのリネンを提案。



寝室

お引越し時の加工対応も考慮して、
書斎も同じレースです。

奥のドレープの色を変え、印象の違いを出します。


一旦整え

寝具類のベットメーキングも完了!



アフター

だらりとなる配線コード類↓

ビフォー
まとめます。


コード処理

ドレープは上下切り替えデザインを提案。
閉じてもスッキリ引き締まる、、
光が明るさを、陰影が落ち着き(安定感)をもたらします。


閉じると
旅気分にもなれる遠方仕事。
所変わっても柔軟に愉しみながら
効率よく集中できることに感謝ですね。

目一杯動いたあとの
ワインとお料理がまた格別でした!
美味しく楽しい至福の時間もまた
つながりゆく広範囲なフットワークへの栄養です^^

幸せエネルギーってあるんですね。
思いやりある配慮や言葉を
与えあうシーンがとても自然でステキなので
いつも
帰りの運転移動は時短効果!あっという間でしたよ。


何があってもお幸せのままに^^


お心遣い
本当にありがとうございました。


おめでとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>