2011-02-24

sweet color に包まれる貴女



ピンクを基調としたsweet color のお部屋は憧れますよね。 ピンクは優しくなれる色として、インテリアカラーの分野でも女性からは絶大の人気を誇っています。 

只今ご依頼をいただいているプライベートルームのインテリア案を練っています。 ファブリックの演出は、自由自在なオーダーメイドですのでご予算もデザインも調整可能です。 そして、お部屋のイメージを大きく左右しますので、少々奮発した生地をお一つ採用するとLife-up! 気分上々です。 カーテンで採用するもよし、お~おきなクッションやベットのボーダークロス等々インテリア小物でアクセントにするもよし! 細部まできちんとプランニングすると見違えるほどの心地よい空間を生み出すことができます。 クッションは配色を美しく、デザイン違いで複数置くと素敵になります。 ここで安っぽくしないことがインテリアセンスの見せどころです。




ピンクという色は、ワクワクした気分を誘ってくれますよね。


ワクワク  ワクワクッ 



インテリアのコーディネートでは、イメージを上手く取り入れて実際のお部屋とお手持ちの家具も配慮したプランニングを進めていき、形にしていきます。 

寝具カバーやランプのコーディネートもお部屋を彩るアイテムです。 全体を見通しながら、メリハリのある選択をしていくのが賢い術です。 予算の比重をどこに置くか? 触れるもの(=クッション)、目線に飛び込んでくるもの(=カーテン)、、、布の発色や品質って正直なので、ちょっぴり価値観高く選んでみることをお薦めします。 使う分量は自由に設定できる優れモノです。 気分の良いお部屋が毎日貴女を包んでくれることでしょう。 心地よい暮らしでいつでもリフレッシュ! 幸せパワーで満たされそうですよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>