Category blogWORKS今日の出来事収納、片付け

天の雫
暦は7月となりました。

メルマガ 近々発行します)

さて、

「インテリア」を検索するとwikipediaの見出しはこうです↓

インテリア(英: interior)とは、英語で内面を意味する単語であり、転じて、日本語で室内装飾品という意味であり、室内の装飾やそれに付随する照明、装飾家具(“Decorative arts”)を表す。広義のインテリアは室内を装飾する品物全般を指すが、狭義ではその中で装飾性に特化されたものだけを指す。また、インテリアは装飾品、什器そのものより、それによって飾られた室内空間という概念が強い語である。

上記に沿って、
美しい住まい環境はもとより、
アルティマ工房は見えない内面(=収納)も重視し、
住む方と室内空間との全体バランスを調和させることを
とても大事にしています。



荷造り確認



お引越しとあらば荷物の内容確認をし

そのモノたちを
どこに配置して
最適な収納ケースを選択することも
ご要望に応じてサポートします。


まずは配置

せっかくならラベルシールも心弾むように、、


ケース納品
実は欠かせない、、お掃除アイテムの待機場所&待機姿、、
目立たないけれども
すぐ取り出せる位置でスタンバイしていてほしいのデス。


お掃除アイテム


コーディネート業務を例えるならばコレです↓

ん?鍋?

はい、年数経って焦げ付き取れない「鍋」


例えるならば
磨いでも磨いても
これ以上どうにも落ちない手強い焦げ付き!

なんとかなる?と率直に相談されることで
専門知識を結集し、最善な情報を選別し、
どうにかしてピカピカにしたいとスイッチ入ります。

まずはお鍋には
プカプカとゆっくり重曹入りのお風呂に入ってもらう^^


お風呂
それでも落ちない焦げ部分のために
1000番のサンドペーパーを用意、水をつけて磨きます。

さらなる仕上げに(ステンレスなので)ピカール!

で、一夜にして
見事!ピカピカ復活!!

よみがえる輝き!

物事は万事「気づき」の宝庫。

専門サポートつけると
新しい視点が加わり、
楽になり、
早期解決できます。

長年の焦げ付きで処分寸前の諦められていたお鍋も
知恵を加えて手順良く磨けば
本来の輝きをしっかり取り戻す。

人も住まいもモノたちも
元々持ち合わせている「輝き」を
ふたたび復活させるためのより良いお手伝い、、

頑固な焦げ(問題)を
力まず傷つけず
取り除き輝かせること。

願う方に応えることに徹しなさい、、



すっかり美しくなった「お鍋」が
そう教えてくれてます(笑)


Thank you!!

 


本物の心地良さについて考えていくと、
見える景色が美しくて、
見えない景色も整っているってこと、
環境がすっきりしていると
自分の思考もスッキリ!
○○をしなくちゃ、、、
から
さあ、次は○○をしよう!
と変化していること、
全てを含んで
心地良い循環が生まれること。

今ある環境でも見直すことは充分可能だし、
新しい環境を求めることをきっかけに見直すことも可能です。



例えばお子さんのプレイグッズ。
お子さんにとって「ちょうどいい量」を決め
専用の収納スペースを与えます。

自分の収納スペースという片づけの定位置が決まれば
自分のものを広げて遊び終わった後は、
そのスペースにものを戻す、しまうという習慣がつくようになります。



「片づけられる子」に育てると
子どもは大きく成長できるのです。



活発さを失わないままで、自分のことは自分でできる子どもって素敵です。

片付いている空間は気持ちいいという感覚が身に付くには、、、

住まいの環境をあたりまえに整えておくとが理想とするところです。

ご家族すべてに
良い影響を与えることができます^^



キッチンも整え、モノの定位置と適量を決めることで
毎日の炊事が気持ちよく快適です。


シンク下の引き出しも
サイズと使い勝手の条件をクリアした桐の米びつがピッタリ!

こんな一つ一つのアイテムが
暮らしの心地良さにプラスとなります。



リビングからは
キッチンの整った景色がいつでも確認できてます^^



これは壁紙(ビニルクロス)で作った
オーダーメイドのBOXです。

中には、必要な仕切りBOXを入れてもらいました。


毎日利用頻度の高い「お茶セット」
有効に入れられるよう、
置けるスペースにピッタリサイズ。



上からの取り出しがスムーズなように納めました。


ご家族の思い出BOXも完備!
とっておきのものを厳選できました。



洋服ハンガーもMAWAを使用。
滑らなくて収納力も優秀品。

押し入れも持ち物品の行き先を決めた上で計画。
安定した引き出しや
棚の活用など
ストレスフリーのオーガナイズが完了しました。




玄関は
鍵の行き先と
サイズピッタリの傘立て。

空間を大事に
暮らしやすさを追求しての
PLAN&DO

心地良さの中で生まれる
気持ちのゆとりを満喫していただけたら嬉しい限りです^^







部屋がきれいになると、とても気持ちがよくて、清々しい気分になります。
空気が美味しくなったというか、心の奥底から湧き上がる快適感、、、
さあ、今日はどんな楽しいことが起こるだろう!と日々前向きに生きていけそうな気になってきます。
(さらに…)

「片付け、整理、収納、、、」 いつでも目を惹くタイトル書籍を手にでき、雑誌やTVでも何度も取りあげられるキーテーマだったりします。 情報はいつでもたっぷりあるのに、、、なかなか実行できない、成果が目立たない、わかってはいるけど作業も多く面倒、という声を多く聞いてしまうのは何故なのでしょうか?

(さらに…)

手袋と分別ダスト袋を準備して、さぁ集中オーガナイズ(整理整頓)です。
扉を開ければ、見事な収納力! ・・・なだけに気分は憂鬱。。。
ご家族のみぞ知る実態を、「軽やかに」するサポートのお仕事をご紹介します。

9月より進めたオーガナイズワーク、N様宅のビフォア&アフターがこちら。


O様よりLDKのオーガナイズからはじまるインテリアプランのご依頼をいただき、現状の問題点と理想イメージのヒアリングを丁寧に重ねての成果記録です。スケジュールと作業のサポートを、O様のペースに沿ったゴール日を設定。 心と思考も「軽やかに」変化していただいて心より感謝します。


こちらはプレイスペース。知育環境にもご興味が高く、お求めの教材をスムーズに使いこなしたいというご要望をお持ちでした。 フラッシュカードは取り出しやすくて使いこなせるのがベストです。


こちらのパズルはテーマ別にジップロックに分別すると混乱しないのでGOOD!





現状の品々を見事に選び抜いていただき、
オーガナイズ後のキッチンは、上も中味も見事にスッキリ!整いました。
冷蔵庫横の使い勝手を見直し、微妙にレイアウト変更。
キャスター付のツインダストを購入していただき、毎日の炊事でのストレスが解消されたとの事。
必要なものを「新しい視点」で見極めると、スペースを生み出すことは可能なのです。

オーガナイズをすることは、家計にとても優しくエコロジーな行為です。
暮らしが美しく変化していく第一歩なのですね^^








暦は3月。 お打ち合わせやプランニングも日増しに濃さを増していますが、ここは集中して時間を有効に使わなければなりません。 ゆるりとしている間が無い日々ですが、それでもブログが続けられればホンモノ!という思いを糧に綴っていきたいと思っております。 

本日は、ご結婚を機にマンションにお引っ越しされたI様のお宅へ伺ってきました。 居住スペースのインテリアプランニングを進めています。 ヒアリングをする中で、奥さまはピンクやフリルなどで包まれたラブリーで甘いお部屋を好み、反してご主人はスッキリシンプルな空間がお好き・・・です。 

でもここはご主人がチャーミングな奥さまに歩み寄られ、「好きにしていいよ。 自分の好みは塩月さん知っているから」と日頃のお打ち合わせは奥さまと重ねてきました。 ご主人はインテリア空間への関心が高い方で、従来よりオーダー家具のご依頼を受けたりとアルティマ工房の大切なお客様でもあるのです。 バッチリ!好みは把握しています。 

お二方のご要望をまとめてのご提案は、既存のオーダーBOXもあるので家具はスッキリシンプルに。 お部屋の方位も加味してカラー計画にはアクセントピンク+明るくて上品な配色を採用です。 横長窓で面積もあるウィンドウトリートメントはリビングのイメージを引き立ててくれる存在。 微妙な配色を4パーツで行いアクセントレースやペンダントコードで上品で楽しく演出するお部屋をご提案しました。



ラフスケッチにてセレクト家具のレイアウトと見えてくる景色のご案内です。 将来、加えていく家具も見据えて、スタートはできるだけスペースを広く使っていただきたい内容です。 まずはフラットソファという商品をご提案し、納品させていただきました。 奥さまよりキッチンの使い勝手(収納)を快適にしたいというご要望には、有効寸法を事前に測定して最大限にいかせる条件叶う収納棚&家具をベストセレクト。 

膨大な情報量からプロの視点でベストサイズや品質を見極めるので、お客様も安心です。 判断には収納面や使い勝手の機能や美しさを維持できるメンテナンス性も見逃せません。 あらゆる角度からみて条件に叶うものだけを厳選してご案内しています。 ソファやチェアなど貼り地があるものは実物サンプルを取り寄せご確認いただきます。

・・・インテリアコーディネーターは現地確認、ヒアリング、実測、プランニング、サンプル手配、専門スキルによる商品セレクト&レイアウト計画、ラフスケッチなどを含むプレゼンテーション製作など快適な空間ができるまでのプロセス、つまりお客様へプラン提案に至るまでに昼夜問わず頭もデスクもフルに時間を使います。 アルティマ工房にしかできない素敵な提案を提出するプロセスをご理解いただく証としてコーディネートフィー(基本料)を明確に表示させていただいております。 

・・・なのですが気持ちは常に、最終額にはコーディネートフィー以上の「お得」があるように・・・プランニング案が形となり、お一人お一人が快適にLife-upされ充実した毎日を送っていただくこと・・・そこが肝心でございます^^