2017-07-01

インテリアとは?

天の雫
暦は7月となりました。

メルマガ 近々発行します)

さて、

「インテリア」を検索するとwikipediaの見出しはこうです↓

インテリア(英: interior)とは、英語で内面を意味する単語であり、転じて、日本語で室内装飾品という意味であり、室内の装飾やそれに付随する照明、装飾家具(“Decorative arts”)を表す。広義のインテリアは室内を装飾する品物全般を指すが、狭義ではその中で装飾性に特化されたものだけを指す。また、インテリアは装飾品、什器そのものより、それによって飾られた室内空間という概念が強い語である。

上記に沿って、
美しい住まい環境はもとより、
アルティマ工房は見えない内面(=収納)も重視し、
住む方と室内空間との全体バランスを調和させることを
とても大事にしています。



荷造り確認



お引越しとあらば荷物の内容確認をし

そのモノたちを
どこに配置して
最適な収納ケースを選択することも
ご要望に応じてサポートします。


まずは配置

せっかくならラベルシールも心弾むように、、


ケース納品
実は欠かせない、、お掃除アイテムの待機場所&待機姿、、
目立たないけれども
すぐ取り出せる位置でスタンバイしていてほしいのデス。


お掃除アイテム


コーディネート業務を例えるならばコレです↓

ん?鍋?

はい、年数経って焦げ付き取れない「鍋」


例えるならば
磨いでも磨いても
これ以上どうにも落ちない手強い焦げ付き!

なんとかなる?と率直に相談されることで
専門知識を結集し、最善な情報を選別し、
どうにかしてピカピカにしたいとスイッチ入ります。

まずはお鍋には
プカプカとゆっくり重曹入りのお風呂に入ってもらう^^


お風呂
それでも落ちない焦げ部分のために
1000番のサンドペーパーを用意、水をつけて磨きます。

さらなる仕上げに(ステンレスなので)ピカール!

で、一夜にして
見事!ピカピカ復活!!

よみがえる輝き!

物事は万事「気づき」の宝庫。

専門サポートつけると
新しい視点が加わり、
楽になり、
早期解決できます。

長年の焦げ付きで処分寸前の諦められていたお鍋も
知恵を加えて手順良く磨けば
本来の輝きをしっかり取り戻す。

人も住まいもモノたちも
元々持ち合わせている「輝き」を
ふたたび復活させるためのより良いお手伝い、、

頑固な焦げ(問題)を
力まず傷つけず
取り除き輝かせること。

願う方に応えることに徹しなさい、、



すっかり美しくなった「お鍋」が
そう教えてくれてます(笑)


Thank you!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>